「羽田でせがまれたコーラ飲ませてよかった」日航機墜落32年 小6次男しのぶ両親

  • ニュース全般
  • 冷麦に一本だけピンク
  • 17/08/13 13:22

東京新聞:2017年8月13日 朝刊

 野球に熱中していた小学6年の次男が日航機墜落事故で亡くなってから32年。
東京都大田区の滝下政則さん(77)と史代さん(74)夫妻は、体の衰えを感じながら現場の「御巣鷹(おすたか)の尾根」(群馬県上野村)に登り続けている。
「夏になると(次男が)山に戻って待っているから」。
12日も墓標への道を一歩ずつ進んだ。 

 三人きょうだいの末っ子だった次男裕史(ひろし)君=当時(11)=は負けず嫌いで目立ちたがり屋。
プロ野球巨人のファンで毎晩、政則さんと一緒にバットを振った。
身長は一四〇センチに満たなかったが、学校のチームで正捕手の座をつかみ取った。

 一九八五年八月十二日。あの日も試合があり、勝って帰宅すると兵庫の親戚宅に一人で行きたいと訴えた。
「度胸があるところを見せたかったのでしょう」と政則さん。急いで航空券を予約した。

 羽田空港のロビーでコーラ飲料をせがまれた。スポーツに炭酸は厳禁と思って飲ませていなかったが、この日ばかりは許した。
「おいしいね」と笑顔の裕史君。小さな体にリュックを背負い「行ってきます」と声を弾ませてゲートに向かった。

 事故機に乗せた後悔は消えない。でも政則さんは「あの時に飲ませてあげてよかった」と思う。

 事故後、遺体が見つかった尾根の墓標近くに柱を立て、裕史君が好きな赤いパーカをかけてきた。
今は大人用に替え、手向けるジュースも成人したはずの年に缶ビールとつまみにした。政則さんの禁煙に合わせ、たばこは供えるのをやめた。
(つづく)

古トピの為これ以上コメントできません

ママ達の声 投稿されたコメントを掲載しています

1件〜94件 (全 94件) 前の100件 | 次の100件
    • 94
    • かき氷
    • 17/08/15 15:42

    ◆浜尾実氏の苦言『新天皇陛下、災害現場へもお飛びください』
    女性自身 2007.05.08号

    あるとき、浜尾さんは宮内庁の女官長から呼び出された。ホテルのラウンジで対座すると、女官長は膝元のメモに視線を落としながら言った。

    「浜尾さん、この前、週刊誌にお話になったことはちょっと違っていませんか」
    言葉遣いは丁寧だが、その口ぶりは批判的だった。

    女官長といえば、美智子さまのお側にいてお世話をする女官たちの長である。

    浜尾さんがマスコミに語るご一家の素顔は時として誇張され、苦言も批判と受け取られがちだったが、そのことにもっとも敏感に反応したのが、皇室と宮内庁だった。

    女官長からの呼び出しはその後も続き、そのたびに浜尾さんは、お叱りを受けたという。

    (中略)

    また昭和64年、昭和天皇が崩御され元号が平成に変わってすぐのことだった。

    浜尾さんのもとに『週刊朝日』から、新しい天皇陛下に期待することを書いてほしいという依頼があった。浜尾さんは日ごろから感じていたことを話し、それが記事となった。

    《元東宮侍従、浜尾実氏の苦言『新天皇陛下、災害現場へもお飛びください』》

    それは昭和60年夏の日航ジャンボジェット機の墜落事故や、61年の三原山噴火のとき、両陛下が軽井沢でご静養なさっていたり、横浜でテニスを楽しまれていたことを挙げ、両陛下にはそんなときこそ被災地に向かわれていただきたいという趣旨の苦言だった。

    もちろん、浜尾さんはこの記事が掲載される前に、誤謬のないようにと同じ内容を便箋8枚にしたため、侍従を通じて天皇陛下に届けていた。

    「お返事などいただけるとは思ってもいませんでしたが、翌日、侍従を通じて
     “陛下が浜尾さんにお礼を申し上げてほしいとおっしゃっている”という電話をいただいたときは、陛下がおわかりくださったのだと恐縮、感激の思いを昧わったものです」

    が、宮内庁の反応は冷ややかなものだったという。

    それまで毎年、浩宮さまのお誕生日のお祝いのお茶会に、旧奉仕者の一人として招かれていた浜尾さんに、あるときからお招きの知らせがぷっつりと途絶えたのである。

    女性自身 2007.05.08-15 シリーズ人間No.1850

    • 0
    • 93
    • 学童弁当
    • 17/08/14 14:58

    残された親御さんの事を考えると想像を絶する事故だったし切なくなる記事ですね…。

    • 6
    • 92
    • BBQ(食べ担当)
    • 17/08/14 14:12

    >>79
    これに関してはトピがあるけど不審な点が色々あるとか。状況的に生存者がもっといてもおかしくないっのに…。って見た。

    • 2
    • 91
    • 焼きもろこし
    • 17/08/14 13:50

    >>83
    キチ・ガイはさっさとしね!

    • 4
    • 90
    • 焼きもろこし
    • 17/08/14 13:49

    >>82 ダセーw

    • 0
    • 89
    • ひまわり畑
    • 17/08/14 09:09

    >>8
    こんなにたくさん子供が乗ってたんだ。夏休みだもんね。
    子供だけ乗せた人は本当に気の毒。長時間ダッチロールして 怖い時間が長かったろうから 我が子が1人でどんな恐怖を味わったのかと考えるだけで 辛いだろうな。

    • 11
    • 88
    • 昆虫採集
    • 17/08/14 09:03

    明石家さんまも乗る予定だったけど一つ前のが取れたから乗らなかったって本人が言ってたよね

    • 2
    • 87
    • スイカわり
    • 17/08/14 08:56

    墜落直後に生存者がたくさんいたってすごいよね?最終的に4人もいたってすごいよ

    • 0
    • 86
    • 自由工作が親の作品
    • 17/08/14 08:44
    • 2
    • 85
    • 自由研究
    • 17/08/14 07:00

    本当に想像を絶する事故だよ。

    • 4
    • 84
    • 水着
    • 17/08/14 06:47

    面白がって真実ではないことを書き込みしている人が数名いますが大変痛ましい事故なので間違った情報を流すのはよくないと思います。
    520人の方のご冥福をお祈りいたします。

    • 12
    • 83
    • ひと夏のアバンチュール
    • 17/08/14 06:33

    皇后の仕業だったんだね。

    • 0
    • 82
    • 水着
    • 17/08/14 05:27

    >>81 嘘の話拡散しないほうがいいよ。

    • 3
    • 81
    • 自由工作が親の作品
    • 17/08/14 04:24

    >>55
    元々は満席で取れなかったんだよ。

    で、それを奥さんの母親に話したら飛行機ではなく電車にしなさいとなったんでしょ

    • 0
    • 80
    • 肝試し
    • 17/08/13 22:19

    かわいそうに。涙がでた

    • 13
    • 79
    • お祭り
    • 17/08/13 21:26

    >>75 生存者の落合さんの証言にあるよね。
    墜落後はまだたくさんの生存者がいたらしい。
    男の子の声もしたとか。
    この子かどうかはわからないけど。
    救助を待っている間どんな思いでいたのか、救助が到着するまでの間に、無念にも息絶えてしまったたくさんの命…
    いろんなことを思うとすごく切なくなる。

    • 27
    • 78
    • ヨーヨー
    • 17/08/13 21:02

    笑顔の写真がなんともいえない
    怖かったよね
    普通の事故とは違うもんね
    今から飛行機落ちるって分かってて待ってる間のみんなの気持ちになったらいたたまれない

    • 34
    • 77
    • 冷麦に一本だけピンク
    • 17/08/13 20:56

    >>6 霊がとどまるという考えだなんてどこにも書いていないのに、あなたは妄想で遺族を非難して、悲しい人だね。

    • 4
    • 76
    • 冷やし中華
    • 17/08/13 19:50

    タイタニックと同じで落ちた時は、生きてたけど、二次的なもので亡くなる人が出るのは、大きい。今後の課題にして、出来るだけ対策を立てて欲しいね。
    御冥福をお祈りします。

    • 5
    • 75
    • 扇風機
    • 17/08/13 19:48

    生存者は「最初は生存者が大勢いた」と言ったそうですが、
    大勢いた生存者は、その後の火災や出血多量などで、亡くなってしまったのかな

    • 1
    • 74
    • 読書感想文
    • 17/08/13 19:39

    >>72
    あなた何歳? 調べたらたくさんあるから
    見てきなさいな。

    • 6
    • 73
    • 麦茶を飲む係
    • 17/08/13 19:32

    >>72 生存者4人だよ。

    • 1
    • 72
    • スイカわり
    • 17/08/13 19:31

    これってなんで墜落したの?
    全員亡くなったの?

    • 0
    • 71
    • 線香花火
    • 17/08/13 19:30

    忘れちゃいけない事故だと思い、当時の記事や画像見て来た。
    悲惨だね、落ちてすぐはまだ生存者いたみたいだけど

    • 5
    • 70
    • 自由研究
    • 17/08/13 19:26

    >>69
    YouTubeで見たことある!

    • 0
    • 69
    • 汗拭きシート
    • 17/08/13 19:23

    生放送の「ザ・トップテン」で速報が流れ、途中で緊急ニュースも入ったりして、司会者やゲストが心配そうにしてたの覚えてる

    • 3
      • 68

      ぴよぴよ

    • 67
    • 朝顔に水やり
    • 17/08/13 19:02

    >>10
    魂があるというのもあるし、やっぱり最期の場所が分かるなら そこへ足が向いてしまうのも遺族の気持ちなんだろうね

    • 7
    • 66
    • カブト虫
    • 17/08/13 18:49

    朝、新聞読んで、泣いた…
    忘れないよ…大惨事だったから

    • 11
      • 65

      ぴよぴよ

    • 64
    • ビーチサンダル
    • 17/08/13 17:37

    >>29
    修繕のわずかなミスであんな大事故が起きると広まると、怖くて飛行機に乗れなくなるね。

    >>16
    「日航機 ハウス食品社長」で検索してみて。

    • 0
    • 63
    • 麦わら帽子
    • 17/08/13 16:59

    >>53 エイスオブベイス懐かしい。
    スウェーデンのグループだよ。お兄ちゃんと姉妹、後友達のグループだね。

    • 2
    • 62
    • 匿名
    • 17/08/13 16:57

    最後に見た後ろ姿が忘れられないだろうな、、、。
    そして1人で事故にあってしまって、どれだけ不安だったか

    • 10
    • 61
    • キャンプ
    • 17/08/13 16:43

    >>59
    それだと亡くなった人のご先祖様は何もしてくれなかった事になるしね。

    • 5
    • 60
    • セミ
    • 17/08/13 15:57

    >>54
    11歳までは、子供料金で飛行機に乗れる。
    空港ないでの手続きや飛行機の中でのサービス
    着陸してから空港ないでの家族への引き渡しまでスタッフが付き添う。
    この男の子は小学6年生だけど、まだ誕生日きてなかったから11歳だったんだね。
    11歳で最後の夏休みだし乗せてあげたのかな

    • 1
    • 59
    • 流しそうめん
    • 17/08/13 15:51

    >>51
    うん、運命だとか助かった人はご先祖様が守ってくれたとか書く人達にすごいもやっとしてた。
    人として思いやりとか欠け過ぎてる。

    • 19
    • 58
    • セミ
    • 17/08/13 15:34

    >>34
    だからなんだね。
    子供達48人犠牲になったって。

    • 5
    • 57
    • スイカ(小ぶり)
    • 17/08/13 15:21

    >>43
    確かに空の旅はまだまだ高級だった時代だろうけど、32年前ならバブルが始まる頃だし前よりは気軽に航空券を買える人も現れ始めた時期なんじゃない?

    息子の少年時代のいい経験になるんだろうと親心でチケット取ってあげたんだろうね。
    空港で普段買わないものを買ってあげた親の気持ちなんか分かるな。
    子供が楽しそうにしてるのが伝わると自分も嬉しくて、せっかくの旅なんだしねって気持ちでつい甘くなっちゃう。
    事故を知った時のご両親の気持ちを思うと辛いね。

    • 19
    • 56
    • BBQ(焼き担当)
    • 17/08/13 15:16

    水上着陸とかはできなかったの?

    • 5
    • 55
    • ラジオ体操
    • 17/08/13 15:12

    >>47 違うよ。逸見さんのおばあちゃんに飛行機はダメだと止められて
    おばあちゃん、霊感のある人で、そのまま伝えても、じゃ俺だけ飛行機で
    お前らは新幹線で大阪に行けっと言いそうだったので、策を練り

    値段が高いから安い新幹線にしましょうで承諾
    ムダが嫌いな逸見さんは頑固で大変だったんだよ

    • 2
    • 54
    • 山の日
    • 17/08/13 15:09

    >>34 どのようなサービスだったんだろう?

    • 1
    • 53
    • ビーチサンダル
    • 17/08/13 15:08

    ACE OF BASEっていうアメリカの三姉妹だかのグループバンドがいるんだけど海外ツアーはそれぞれ違う飛行機で行く様に両親に言われていると前にテレビで言っていたけど気持ちわかるな。
    飛行機事故は他の乗り物に比べたら事故の確立はものすごい低いけど、事故が起きたらほぼ死に繋がるもんね。
    いっぺんに娘三人失いたくないもんね。

    • 6
    • 52
    • BBQ(食べ担当)
    • 17/08/13 15:03

    神様は絶対存在しないよね

    • 17
    • 51
    • 線香花火
    • 17/08/13 15:01

    >>35
    自分の子だったら運命なんて言葉では納得できないと思うよ。

    • 23
    • 50
    • ビーチサンダル
    • 17/08/13 15:01

    >>47
    そこで命拾いしたのに、癌で早世されて
    やっぱり変えなれない運命ってあるのしら

    • 13
    • 49
    • 墓参り
    • 17/08/13 14:58

    >>47
    そうだったんだ。
    せっかく拾った命、長生きしてほしかったね。

    • 7
    • 48
    • 盆踊り
    • 17/08/13 14:39

    >>45
    そんな事言うと死んだ人がカワイソス

    • 13
    • 47
    • 桃狩り
    • 17/08/13 14:38

    >>45 逸見政孝さんは予約しようとして、満席で取れなかったんだよね

    • 2
    • 46
    • 宿題は最終日にやる派
    • 17/08/13 14:35

    とても辛い事故だった。
    トピ文読んで改めて思った。

    • 9
    • 45
    • 冷麦に一本だけピンク
    • 17/08/13 14:35

    この便って当日キャンセル変更多かったらしいね、助かった人はご先祖様が守ってくれたんだろうね。

    • 6
    • 44
    • 麦茶係
    • 17/08/13 14:30

    >>36
    ホントにね!お盆前日で当日のチケット取れるなんて...運命なのかな?
    親は色々なタラレバで苦しんだだろうね。
    反対してれば、航空会社が違ってれば、日時がずれていたら等々。

    • 9
    • 43
    • 学童弁当
    • 17/08/13 14:20

    >>37
    30年前は飛行機も気軽に乗るような乗り物ではなかったよ。
    それくらい給料に比べて高い乗り物だったと思う。

    • 2
    • 42
    • お祭り
    • 17/08/13 14:18

    >>30 この前一機に6人(全員他人同士)いたよ。
    うちの子もそのひとり。
    この事故の事、毎回頭によぎる。

    • 0
    • 41
    • かき氷
    • 17/08/13 14:18

    当時の新幹線は東京―新大阪間が1万2100円(自由席)なのに対し、
    飛行機は羽田―伊丹間1万5600円と3500円割高だった。

    • 0
      • 40

      ぴよぴよ

      • 39

      ぴよぴよ

    • 38
    • 赤とんぼ(素早い)
    • 17/08/13 14:15

    おいしいね
    って一言が涙でるわ
    日常のなんでもない一言なのが余計に

    • 29
    • 37
    • 自由研究
    • 17/08/13 14:14

    >>36 >>75
    羽田〜伊丹の運賃いくらなの?

    • 0
    • 36
    • 冷や麦
    • 17/08/13 14:12

    >>35
    当日いきなり言い出したってのもすごい
    親もその意思を組んで即チケット取ったというのも

    この頃ってこの時期にチケット余ってる時代なんかな?
    庶民は高くて買えないくらいとか?

    • 7
    • 35
    • 水着
    • 17/08/13 14:11

    運命だったんだよこの子の
    わざわざ盆前に親戚の家に一人でしかも飛行機使って行きたいとかさ
    いくら一人前になったと思われたくても唐突過ぎるし

    • 5
    • 34
    • 梨狩り
    • 17/08/13 14:03

    当時日航に子供一人で乗る「ちびっこVIP」というサービスがあったらしい

    • 2
    • 33
    • 桃狩り
    • 17/08/13 14:00

    三姉妹を亡くした両親のニュースも出てた

    • 1
    • 32
    • 麦茶を飲む係
    • 17/08/13 14:00

    自分の考え押し付けるなよ

    • 2
    • 31
    • 水着を着て行ってパンツ忘れる
    • 17/08/13 13:59

    病気で倒れても年老いても行ける限り行くって並大抵のことじゃない。70代だよ。
    ご両親はずっと覚えてるよって伝えに言ってるんだよね。

    • 31
    • 30
    • セミ(抜け殻)
    • 17/08/13 13:59

    日航機の事故を知ってから、子供を1人で乗せるのが怖い。
    結構子供一人旅みたいなの多いよね。
    サポートあるにしてもやっぱり心配だよー

    • 4
    • 29
    • 冷やし中華
    • 17/08/13 13:59

    >>16
    原因:圧力隔壁の後方1Mの間の修繕のわずかなミスが墜落原因。
    圧力隔壁全体を代えてれば起きなかった。

    • 5
    • 28
    • セミ
    • 17/08/13 13:58

    >>23
    まぁ貧乏な親なら駄目!!で終わりそうな気がするけど、息子の希望通り行かせてあげたんでしょ?
    この子のお姉ちゃんだか妹さんも今は北米海外在住だったと思う。お金持ちかは知らないけど、子供にはのびのび育てる教育をしてたんじゃない?
    貧乏人によくあるただお金を使わない放置とは全く違ってて。

    • 4
    • 27
    • 花火
    • 17/08/13 13:57

    >>6
    亡くなった人がそこにとどまってるからじゃなくて、
    残された人の時間や記憶がそこで止まってるんだよ。
    だからその場所にいくと会える…気がする。

    • 40
    • 26
    • 読書感想文
    • 17/08/13 13:57

    >>24
    「来たよ」と心の中で話しました、って言ってるんだからそういう事でしょう。

    • 5
    • 25
    • プール
    • 17/08/13 13:53

    >>6 私も
    いつもそばにいてくれてると思いたい

    • 6
    • 24
    • 線香花火
    • 17/08/13 13:49

    >>6
    霊がとどまるとかそういうことじゃないでしょ。
    その子が元気だった最期の場所だよ。
    事故にしろ何にしろ、その場所がその人の命や運命を変えたなら、そこに拘るのは遺族として当然の感情なんじゃない?

    • 38
    • 23
    • ぶどう狩り
    • 17/08/13 13:49

    >>20 そんなことないんじゃない?

    • 1
    • 22
    • 花火
    • 17/08/13 13:46

    一人でいたなんて心細かっただろうね。
    辛いね。

    • 8
    • 21
    • 線香花火
    • 17/08/13 13:46

    >>16
    ごめんなさい
    千の風になって です

    • 0
    • 20
    • 冷麦に一本だけピンク
    • 17/08/13 13:45

    この時代に飛行機に乗れるなんていいとこの子供だったんだろうね

    • 23
    • 19
    • 蚊取り線香
    • 17/08/13 13:43

    >>12
    落ちてからもだよね。とてつもなく長かったと思う。すぐ救助来てくれなかったし。
    悲しい

    • 11
    • 18
    • 日焼け
    • 17/08/13 13:42

    >>6
    じゃあどこにいると思ったら正解なの?
    仏壇や墓だって、分からないよね。
    分からないからこそ、その家族その家族の考えや解釈でいいんじゃないのかな。
    この両親が、山へ行って供養することで少しでも息子に会えた気分になれるならそれでいいと思う。

    • 40
    • 17
    • セミ(抜け殻)
    • 17/08/13 13:42

    こういうのは辛い

    • 3
    • 16
    • ヨーヨー釣り
    • 17/08/13 13:42

    >>14
    ちょっと調べてくる

    • 0
    • 15
    • 花火
    • 17/08/13 13:42

    >>6
    遺族になれば分かるかも。
    だから今は無理して分かろうとしなくていいよ。

    • 8
      • 14

      ぴよぴよ

    • 13
    • 麦茶係
    • 17/08/13 13:39

    >>6
    いちいちクソとか見苦しい!

    • 18
    • 12
    • 盆踊り
    • 17/08/13 13:39

    この事故って異常事態になってから墜落するまで30分くらいあったんだよな
    その間この子は周りに家族もおらず一人で恐怖と戦ってたと思うとやるせない

    • 52
    • 11
    • 昆虫採集
    • 17/08/13 13:37

    切ない。なんで起きたの?この事故は

    • 3
    • 10
    • ヨーヨー釣り
    • 17/08/13 13:36

    >>6
    だから墓も仏壇も私は不要と思ってる。
    でも思い出す機会というか区切りは何かいるのかなーと。このお父さん方も楽しみにしてるとかでは決して無いだろうけど節目に何か想い、毎年何か感じて毎年の行事というかそんなかんじのものにしているのかもね

    • 9
    • 9
    • 海水浴
    • 17/08/13 13:35

    親は死んだ子供の歳を数える言うけど、本当だなぁ
    この子も大好きなコーラを飲ませて貰って喜んでるよ、きっと
    ご両親の心中お察しします
    合掌

    • 24
    • 8
    • ビーチバレー
    • 17/08/13 13:35

    亡くなった子供たち

    • 0
    • 7
    • 昆虫採集
    • 17/08/13 13:33

    ( ;∀;)
    同い年か

    • 1
    • 6
    • ヨーヨー釣り
    • 17/08/13 13:32

    死んだ場所に霊がとどまるという考えは
    どこから来るものなんだろう?
    たとえば交通事故で死んだらその現場に
    ずっとこだわるのか?
    川で死んだらその川にずっとこだわるのか?
    じゃあ墓は何なのか?
    仏壇は?
    亡くなった家族を思う気持ちはわからないでもないけど
    その大切な魂がクソ寂しい山の中に永遠にとどまってるという考え方は
    自分ならしない

    • 23
    • 5
    • キャンプ
    • 17/08/13 13:32

    >>4
    最後の一行で一気にブログみたいになるね。

    • 16
    • 4
    • 蚊取り線香
    • 17/08/13 13:31

    愛しい我が子が毎日何を感じてるのかさえ気になるのに、こんな怖い状況で何を思ったかどんな最後だったのか想像するだけで苦しいよね。

    今日も家族が生きてることに感謝

    • 47
    • 3
    • 匿名
    • 17/08/13 13:30

    あんな山奥じゃなく人里に落ちてれば、地上で犠牲者が出たかも
    しれないが合計の犠牲者は少なくできたかもしれないな

    • 8
    • 2
    • 匿名
    • 17/08/13 13:27

    写真の笑顔が泣けるわ

    • 35
    • 1
    • 冷麦に一本だけピンク
    • 17/08/13 13:24

     だが、脳裏に焼き付いているのは十一歳のかわいい次男のまま。
    生きていればどんな表情をし、どんな家庭を築いているだろうか−。史代さんは「大人になった姿を見てみたいです」とつぶやく。

     御巣鷹の尾根には例年、春と八月十二日、秋の計三回登ってきた。
    約五年前に政則さんが脳梗塞を患ってからは年二回に。今年はこの日だけだ。

     夫妻はつえを持ち、手すりを頼って少しずつ尾根を歩いた。
    墓標の前にやって来ると、柱の赤いパーカを新しいものに替え、手を合わせてじっと目を閉じる。
    「心の中で『来たよ』と話しました」と政則さん。こう語り掛けると、帰る時は息子が一緒にいる気がする。

     だから、回数が減っても慰霊登山をやめるつもりはない。体が続く限り、そばに行きたい。

    • 4
1件〜94件 (全 94件) 前の100件 | 次の100件

新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ