「引きこもり支援」と称し拉致・監禁 高額の料金を請求する「引き出し屋」と呼ばれる悪質業者が多発

  • ニュース全般
  • ソースかつ丼
  • 17/05/01 13:02

内閣府調査では、ひきこもりは全国に54万人(15〜39歳)で長期化、高年齢化している。その人達を拉致・監禁まがいの手口で連れ出し、高額の料金を請求する
「引き出し屋」と呼ばれる悪質業者の存在が指摘されている。
関東在住の20代女性と母親は4月に家族間のトラブルを相談した東京都内の業者を相手取り、慰謝料など約1700万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした女性は自宅から無理やり連れ出され、暴力や脅しで軟禁状態に置かれたとしている。3カ月分の契約料約570万円を支払ったが、支援は行われなかったという。

国民生活センターには「工場で働くと説明されたが場所を教えてくれない」「子供に会いたいと言っても『親を憎んでいるから』と拒否される」など複数の業者に関する相談が寄せられ、国による実態把握が急務だ。
産経新聞

古トピの為これ以上コメントできません

ママ達の声 投稿されたコメントを掲載しています

※コメント欄のパトロールでYahoo!ニュースのAIを使用しています

新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

産後カルタ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

コミュニティカテゴリ

投稿するまえにもう一度確認

ママスタコミュニティは、みんなで利用する共有の掲示板型コミュニティです。
みんなが気持ちよく利用できる場にするために、投稿前に利用ルール・禁止事項をご確認ください。

利用ルール・禁止事項を確認する