【成績向上率70%超!】徹底的に生徒と寄り添うJアカデミアにインタビュー

塾インタビュー

成績向上率が70%を超えるというJアカデミア。学校ではできない生徒の個性に合わせた教育、生徒に徹底的に寄り添う指導スタイルに加え、心理学も取り入れた指導をされています。今回は株式会社Jアカデミア代表取締役の北村貴幸先生にお話をうかがいました。

お話をうかがった先生

北村 貴幸(きたむら たかゆき)先生
株式会社Jアカデミア代表取締役
1993年、大学在学中に名大学習塾(現Jアカデミア)を設立。高い成績向上率が評判となり、毎年多くの生徒が集まる人気塾となる。心理学にも精通し、産業カウンセラー((社)日本産業カウンセラー協会)としての顔も持つ。名古屋大学教育学部教育心理学科卒。

学校ではできない個性別の教育を

ーー本日はよろしくお願いします。まずは塾を創業したきっかけを教えてください。

よろしくお願いします。創業理由は、「学校ではできない教育」をしたかったからです。私は教育学部出身なので、教員も考えました。ただ、自分が理想とする教育は学校ではできないと思い、自身で学習塾を創業することにしました。

ーー学校でできない教育とはどのようなものでしょうか?

一言でいうと「個別指導」です。生徒はひとりひとり学力も違えば、通っている学校も違います。ならば、その生徒の学力にピタッと合い、更にその学校の進度やテスト範囲、テスト傾向に合った指導の方が良いのは言うまでもありません。

そして何より大切にしたいのは、生徒の個性です。私は教育学部を出ていますが、心理学専攻なのでよりそう思うのでしょうが、ひとりひとり異なる個性に合わせて指導をしたいと思ったのです。学力・学校・個性に合わせた指導は、私の考える「学校ではできない教育」の一側面です。

成績向上率70%以上の秘密とは

ーーJアカデミアの公式HPを見ると、「一般的な塾の成績向上率は27%ほど」とあります。なぜJアカデミアはそんなに成績向上率が高いのでしょうか。

1つには、先ほどお話しした「学力・学校・個性に合わせた指導」が、ほとんどの他塾さんよりできている点だと思います。また、「個別指導なのに予習型」のカリキュラムも、特に学力上位層の成績向上には重要なポイントになっています。一般的な個別指導塾は学校の後追いなので、個別指導で予習型というのは珍しい形態です。

そして膨大な無料補習です。定期テスト前には、正規授業時間以上の補習が、無料で行われます。その圧倒的な面倒見の良さも、高い成績向上率の大きな要因になっています。

ーー時間をかけて丁寧に生徒と接することが、Jアカデミアの成績向上率が高い理由なのでしょうか。

教育は促成栽培でできるものではありません。文字どおり、手間暇かけて行われるべきものです。正規の授業時間の中だけで理解できないなら、わかるまで教えてあげる。宿題をやってこない=家で勉強しない子なら、できるまで付き合ってあげる。人間関係に悩んでいるなら、授業とは別の時間でも、話を聴いてあげる。こういった丁寧な関わりが、高い成績向上率の最大の理由かもしれません。

塾に来る意思を持った生徒のみ受け入れる

ーー個別指導塾には勉強が苦手な生徒が多いと聞きます。塾に通って勉強する意思がないまま、保護者に強引に連れられてくる生徒も多くいませんか?

感覚的には1〜2%くらいでしょうか、本人さんは塾には行きたくない。けれども保護者の方が無理やり連れてこられるご家庭はございます。私は、高いお金をいただいてお預かりする以上、成績向上をもってお返しするのが、義務だと思っています。しかし本人さんにその意欲がない場合、やはり成績は上げられません。それでは”月謝泥棒”のようで、私は嫌なんです。ですので、そういう場合は、ご入塾をお断りしています。

なお、「塾は行きたくないけど、受験も近いし、仕方ないか」というお子様は、大歓迎です。実際、そういうお子様がほとんどです(笑)。

講師にも徹底した教育を

ーー動機づけなどは講師の仕事になるかと思います。Jアカデミアではどのような講師を採用していますか?

何より重要なのは熱意です。人の役に立ちたい、仕事・バイトを通じて成長したい、という想いを持った人財を求めています。

ーー研修はどの程度されるのでしょうか。

アルバイト・非常勤講師の場合、教壇に立つ前に行われる新人研修が、20〜30時間になります。さらに勤務が始まった後も、毎月社員が授業を見学するなど、研修が続いていきます。

社員の場合、もちろん非常勤講師とは比較になりません。もっと膨大な量の研修を行います。社員・非常勤講師共、うちより研修が多い学習塾は、おそらくほとんどないと思います。

極端に雰囲気を変えることが重要

ーー教室はどのような雰囲気ですか?

私の考える理想の雰囲気は、普段は笑いもあり、和気あいあいとしている。けれどテストが近づいてくると、私語など一切なく、緊張感の高い雰囲気になる状態です。その落差が大きければ大きいほど、良い雰囲気だと思います。

ーー各教室におけるセキュリティなどの面で何か行っている施策はありますか?

当社では、全校舎・全教室にネットワークカメラを設置しています。頻繁に、私がそれで授業・補習の様子を確認していますので、セキュリティ面も授業の雰囲気の面も、それなりの質は保てていると思います。よく、他の個別指導塾では、うるさくて授業にならない、という話を聞きますが、当社はそういうことがかなり少ないと思います。

「恩師」が見つかる場所でありたい

ーー生徒にとって、Jアカデミアはどんな場所でありたいと考えていますか?

まず、成績が上がる場所というのは大前提です。そのうえで「恩師」が見つかる場所でありたいと思っています。

女の子なら中1・男の子なら中2くらいから、いわゆる思春期に入ります。心理学的にはアイデンティティ(※)の形成時期とされますが、この時期は、「親以外の大人」の存在が非常に重要になります。親以外の大人、多くは恩師と呼ばれる存在ですが、それに当塾講師がなれたら最高です。

※アイデンティティ……自己同一性とも言い換えられる。「自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものである」という意識のこと。自己肯定感や主体性の確立に影響を与える。

ーー最後に、塾をお探しの保護者の方にメッセージをお願いします。

成績が上がらなくてお困りの方、お子様が家で勉強せずにお困りの保護者の方は、ぜひ一度、Jアカデミアも検討先に加えていただけたらと思っております。まだまだ弊社は不完全な企業ですが、生徒さんひとりひとりにかける情熱の大きさには自信があります。お気軽にお電話・フォームからお問い合わせいただけたら、嬉しいです。

ーー本日はありがとうございました。

取材協力:Jアカデミア
お近くのJアカデミアを探す

〈取材監修:塾シル〉
〈聞き手:延藤素康〉
塾シル』は、全国の学習塾を紹介する塾ポータルサイトです。