家庭教師と個別指導塾の違いはなに?それぞれのメリット・デメリットを解説

お役立ち情報

お子さんが家で勉強をする習慣がなかったり学校の成績が落ちてくると、個別指導塾や家庭教師に通わせたほうが良いのかなと思いますよね。

それでは、個別指導塾や家庭教師はどのような違いがあるのでしょうか?また、お子さんの今の学力や性格ではどちらがおすすめなのでしょうか。

このページでは個別指導塾と家庭教室のメリット・デメリットをみた上で、それぞれに向いている生徒の特徴を解説します。

個別指導塾のメリット・デメリット

それでは個別指導塾のメリット・デメリットをみていきましょう。メリットは、塾へ通うことで気持ちを切り替えられることが挙げられます。自宅ではなかなか集中ができない子でも、塾でなら集中できるという子も多くいます。また、自習室がある塾では授業がなくても自由に利用して勉強をすることができます。

また、個別指導塾では科目ごとに異なる講師から指導を受けられる塾もあるため、一人で全教科を担当する家庭教師と比べると科目ごとの専門性は高いといえます。そして塾としての受験情報や進学指導のノウハウがあるため、受験対策のために通わせることができるというメリットもあります。

一方でデメリットは、講師一人に対して指導を受ける生徒が複数の場合には、生徒一人が講師から直接指導を受けられる時間が家庭教師と比較すると少なくなってしまう点が挙げられます。また、個別指導塾でもマンツーマン形式(1対1)で指導を受けられる授業形式を完全個別指導と呼びますが、完全個別指導で指導を受けるとなると授業料が家庭教師よりも高額な傾向にあります。

家庭教師のメリット・デメリット

つづいて家庭教師のメリット・デメリットについてです。家庭教師のメリットは、自宅という安心ができる環境で指導を受けられるのでリラックスした状態で勉強に取り組める点が挙げられます。塾の場合には少なからず周囲の生徒とのコミュニケーションもありますが、家庭教師であればこの心配もありません。

また、マンツーマンで家庭教師から指導を受けることができますので、手取り足取り細かく指導をしてもらえるため学習習慣が身に付いていない子でも安心です。塾の場合には家庭学習の領域まで細かくアドバイスをしてもらうことは難しいですが、家庭教師であれば普段の家庭内での学習の仕方まで気軽に相談することができます。

一方でデメリットは、一人の家庭教師が指導を受ける科目を全教科担当しますので、家庭教師の得意/不得意でどうしても指導の質に差が出てしまいます。また、塾とは異なり受験情報や進学指導のノウハウは家庭教師の経験や知識に依存してしまうため、受験までを視野に入れて指導を受けたい場合には注意が必要です。

個別指導塾が向いている生徒と家庭教師が向いている生徒について

それではどのような生徒の場合に、個別指導塾や家庭教師が向いているのでしょうか。

個別指導塾が向いている生徒の特徴
自分で勉強を進められたり積極的に講師へ質問ができる生徒は、個別指導塾が向いているといえます。というのも、一般的に個別指導塾では多くの生徒が講師一人に対して生徒が複数人での授業形式で指導を受けています。この場合、授業は解説と演習の順番で進んでいきますので、演習の時間では生徒は自分で問題を解かなければいけません。そのため、演習の時間でも自分ひとりで勉強を進められたり、他の生徒がいる中でも講師へ質問ができる子が向いています。

家庭教師が向いている生徒の特徴
一方、家での学習習慣が身に付いていない生徒や、できれば手取り足取り細かく指導をしてほしいという生徒は家庭教師が向いているといえます。家での勉強の仕方がそもそもわからないという子もいると思いますが、そのような場合には家庭教師を検討しましょう。また、進学塾に通っている生徒の中にも、塾の授業の補習のために家庭教師を併用している生徒もいます。進学塾の授業の理解に遅れが出始めている生徒の場合には、家庭教師の併用を検討してみることをおすすめします。

さいごに

よく『家庭教師と個別指導塾はどっちが良いの?』という質問を耳にすることがありますが、結論としてどちらが優れている・劣っているということはありません。それぞれに良い面と注意が必要な面がありますので、向いている生徒の特徴に違いがあるということです。どちらに通わせるか悩まれている保護者のかたは今のお子さんの状況を整理した上で、どちらのほうが向いているかを考えてみるといいでしょう。少しでも参考になれば幸いです。

powered by