【地域密着で創業43年】関東で72教室を展開する開倫塾インタビュー

塾インタビュー

開倫塾は、栃木を中心に関東で72校舎を展開する地域密着型の学習塾です。2022年には設立43年目を迎え、『KAIRIN予備校』など大学受験分野においても存在感を増し、東京での校舎も展開しています。地域密着の開倫塾の指導方針や運営の想いとは? 講師の方にお話をうかがいました。

お話を聞いた先生

蜂須 有希奈 (はちすゆきな)先生
開倫塾足利福居校副校長。文系教科担当。
きめ細やかな指導により,勉強が苦手な生徒や、英語で悩んでいる生徒からの「英語が分かるようになった!」、「初めて英語が面白いと思った!」と英語がまったく分からなかった生徒が分かるようになったと大評判。生徒の面倒見の良さに定評があり、「熱い指導」で多くの生徒の成績を上げ、また合格にも導いてきました。近年、福居校では県立高校入試塾生合格率100%を継続中!
《和田英明先生(校舎運営部次長)にもご同席いただきました》

北関東を中心に72教室を展開する開倫塾

ーーさっそくですが、開倫塾の歴史、教室展開について教えてください。

和田英明先生(以下、和田)
和田 1979年、栃木県足利市で開校しました。県内、群馬、茨城の北関東エリアと東京都を中心に、「どの地域でも塾選びの選択肢の一つになる」をコンセプトに出店し、現在は72教室を運営しています。栃木県は大半のエリアを網羅し、群馬県では桐生と太田近辺のエリア、茨城では県西地区に、東京では足立区、荒川区などの川の手エリアに出店しています。

ーー地域が複数の都・県にまたがる場合、都・県別の入試対策が必要になるかと思います。どういった対応をされていますか?

和田 本部に教務部がありまして、都・県別・入試別に分析を行っています。それを各教室に共有しているので、教室数が多くてももれなく最新の情報を提供できるようにしています。

開倫塾の一番の強みは地域密着

ーーどんな生徒が通っていますか? またその生徒に指導するにあたっての塾の強みを教えてください。

和田 一番多い生徒層は、真ん中から少し上あたり。通知表でいうと3や4の生徒です。多くの地域に教室がありますが、『地域密着』が一番の強みです。中学校のテスト対策は、地域を問わず特にきめ細やかにできていると自負しています。
さらに、開倫塾では各種検定に力を入れており、英検・漢検・数学検定を「3大検定」とし、全生徒が各々の検定に毎年挑戦、毎年一つ以上の級の取得を目標として取り組んでいます。

集団授業・個別指導を併用した指導スタイル

ーー指導内容について教えてください。集団授業と個別指導の区別はありますか?

集団授業の様子

和田 北関東では集団授業をメインにしています。中には個別指導専門校もありますが、集団授業がメインで、個別指導も併用できるハイブリッドの指導です。当塾では、「集団授業でも、英数だけではなく、5教科をきちんと面倒見ます」というのが売りになっています。

ーー公式サイトにも、『誰1人取り残しはさせないようにカバーします』と書いていらっしゃいますね。また「個性の把握」ともありますが、どのような生徒が開倫塾に向いている、また、向いていない、などはありますか?

和田 特にはありません。基本的には集団授業と個別指導を駆使しながら、どちらが学力的に合うのかも含めて考えているので、どのような生徒にも対応可能です。

ーー入塾時に、担当の講師が、指導スタイルの判断をしているのでしょうか?

和田 はい。基本的には面談を行い、現状かかえている問題点を踏まえ、その生徒に一番あうスタイルを生徒・保護者と相談して決めていきます。最終的には、当塾に楽しく通っていただき、「開倫塾で勉強ができるようになった!」と思ってもらいたいですね。その結果として学校成績の大幅向上・志望校合格の実現をする、というのを目指しています。

開倫塾の講師は、明るく、声が大きく、子供好き

ーー続きまして、講師の採用について教えてください。高学歴・講師経験者が多いですか?

和田 当塾の採用基準は、明るくて、声が大きくて、子供好きの3点です。学歴に関してはそこまで重視していません。学力や他塾での講師経験はあるに越したことはありませんが、上記の3点を一番に大事にしています。講師経験がない方でも、しっかり研修でスキルやコミュニケーションを育てていく体制を整えています。

開倫塾の教室の雰囲気は?

ーー教室の雰囲気について、重視していることや、特徴などはありますか?また、送迎やセキュリティについて教えてください。

和田 塾全体で統一はしておらず、教室長に任せて委ねています。出店場所の地域性や教室長のカラーで教室の雰囲気は決まります。授業前後の送迎については、セキュリティの観点から全校舎できちんと行うことになっています。必ず生徒を見送り、出迎えは必ず行います。また、その際、保護者にお子様の様子をお伝えすることもあります。
また、授業に来ない生徒に関しては、必ず電話で保護者に連絡を入れています。事故防止のためです。これはどの教室でも同じ対応を取っています。

勉強が楽しいと思ってもらえる環境づくり

ーーここからは現場の教室長の先生にもお話を伺います。蜂須先生は、どちらの教室でどのような教科を担当されていますか?

蜂須有希奈先生(以下、蜂須)
開倫塾・足利福居校の副教室長を担当しています。担当教科のメインは、中学生の英語と社会です。そのほか小学生には英語と算数と国語を教えています。

ーー事前のヒアリングで蜂須先生の足利福居校がいま大変人気があるとお聞きしました。人気の秘密を教えてください。

蜂須 特に変わったことはしておりません(笑) ただ、生徒への教え方について、模索することは、常に大事にしています。その上で、生徒とのコミュニケーションを大切にしています。

ーー公式サイトに『未来を切り開く力を身につける』を打ち出されていますが、具体的にどのようなことを心がけて指導されていますか?

蜂須 私は勉強するうえで、メリハリが大事だと思っています。生徒にもメリハリをつけて勉強してほしいと思っています。勉強するときは勉強して、息抜きも大事にしながら、バランスをとってもらいたいなと考えています。

ーー保護者にはどのような対応をされていますか?

蜂須 小学生の場合、一度に教室に来る人数は10人に満たないので、送迎の時に保護者に、今日やった勉強のできなかったところはもちろん、できたところも「これができました」と報告しています。また、「今まで苦手だったところが、こういうふうにできるようになりましたね」とか「苦手教科も次はここを頑張って」ということも話しています。

ーーこれから開倫塾の講師としてどのような教室にしていきたいですか?

蜂須 この塾に来ると楽しいな思ってもらうだけではなく、「授業時間以外にも自習をしてみよう」「この問題分からないから先生に聞きに行こう」というふうに、生徒にとって、勉強そのものが楽しいと思ってもらえるような環境にしたいです。

人間として成長できる場所を提供したい

ーー最後に、いま塾を探している方にメッセージをお願いします。

和田 当塾の教育目標に「自己学習能力の育成」があります。これは、勉強を教えるだけでなく、勉強の仕方を教え、主体的に学ぶ力を養います。また、人間として、成長できる場にしていけたらと考えています。学校の勉強だけではなく、自ら学ぶ姿勢や、塾の仲間との協調性など、これから社会で生きていくために必要な力も学ぶことができます。
また、講師と生徒の距離感がバランスよく保たれていて、「あの先生に勉強を教わりたいから、塾に行きたい」と思ってもらえるような関係を目指しています。何年もやっていれば、卒業生が高校生、大学生、あるいは大人になって教室に遊びに来ることがあるので、そういうときは、塾をやっていてよかったなと、嬉しい気持ちになります。そのような、生徒と強い信頼関係を築くことができるのは、開倫塾の強みですね。

ーー本日はありがとうございました。
取材協力:開倫塾
お近くの開倫塾を探す

〈聞き手:塾シル・延藤素康〉
塾シル』は、全国の学習塾を紹介する塾ポータルサイトです。