【科目指導×情報戦略】「全方位個別アシスト」のアクシブアカデミーにインタビュー

塾インタビュー

「全方位個別アシスト」という受験生指導の手法と、大学受験の豊富な情報に定評のあるアクシブアカデミー。全科目の指導と合格までの進路指導を含むトータルサポートが特長です。今回は代表の鈴木優志先生に塾の沿革、指導の特徴についてうかがいました。

お話をうかがった先生

鈴木 優志(すずき ゆうじ)先生
アクシブアカデミー代表
「地域による教育格差をなくしたい」と考え大学3年時に起業し、従来の科目指導重視の予備校と異なる、合格に特化した予備校『AXIV ACADEMY』、国公立専門オンライン予備校『旧帝塾』を展開。東大に隣接する教務本部で東大・難関大生たちと共に教材分析を行う。学習の可視化のためアプリケーション開発を行い、特許取得。
著書に『志望校に「合格する子の親」がやっている6つのこと』がある。

「変わりたい」を叶える場所

ーー本日はよろしくお願い致します。アクシブアカデミーの沿革や創業時の想いをお聞かせください。

大学3年生の時に、地元である愛知県の田原市でアクシブアカデミーの1教室目を作りました。田原市には自分と同じように受験に困っている受験生が多くいると感じていて、地元の教育を変えたい、自分なら変えられるという強い気持ちがありました。当時は東京都内の大学に通っていたのですが、新幹線通学をしながら塾経営をしていました。

2教室目は東大生との繋がりを作るために東京大学の隣に出店しました。優秀な人材を確保し、本部校として全国の教室にオンライン指導を提供しています。

現在は全国に21教室を展開しています。常にいいサービスを作り、提供するためには現場を知ることが大事だと思っているので今は代表としての仕事に加えて豊橋教室の教室長もやっています。

そもそも私が学習塾を作ろうと思ったきっかけは自身の大学受験の失敗体験にあります。受験生の私は周りに絶対負けない量の学習をしていたと自負しています。しかし、結果は思い描いていたものではありませんでした。何が足りなかったのか……それは受験に対する「受験情報」と「戦略」だったんです。

本当にやりたいことと、それを実現するためのプロセスが明確になれば、生徒は能動的に学習に向かうことができます。そして、自分を信じる力と実行力、それを支える戦略とサポートがあれば自分の限界でも突破できるという想いがありました。その信念の3つの柱「学習時間」「戦略」「効率」を中心に、生徒ひとりひとりの目標を「叶える」予備校として創立したのがアクシブアカデミーです。

全方位個別アシストで偏差値+10

ーーアクシブアカデミーの他の塾にはない強みを教えてください。

アクシブアカデミーの強みは大きく2つあります。

1つ目は「全方位個別アシスト」というもので、生徒の努力の効果を最大限に引き出す1対1個別指導です。

「全方位個別アシスト」とは、科目指導だけでなく進路指導まで含めて完結します。成績をあげる科目指導に特化している塾が大半ですが、私たちは複雑な受験情報を駆使し、手間ひまをかけて生徒の受験勉強をトータルコーディネート、トータルサポートをします。

【全方位個別アシストのイメージ図:公式HPより引用】

ゴール設定をして合格までのロードマップを描いても、生徒が日々の勉強に取り組まなくては意味がありません。目の前の課題をやり切るには「志」が大切になってきます。

具体的にいうと、目の前の勉強が自分の将来に直結することを明確にし、「なぜ勉強する必要があるのか」を心の底から納得してもらいます。その上で、塾というトレーナーの目が届く環境で勉強することで、見ていてもらえるから普段の勉強の質と量が上がっていくという良いサイクルを作っていくことができます。生徒ひとりひとりに寄り添い伴走するために個別指導というスタイルが最適解でした。

ーー生徒の塾での学習について教えてください。

受験生は週5日から週7日通塾して勉強します。受講するプランによって変わりますが、スタンダードプランの生徒は1回あたり50分の授業を週2回受講します。その時間の中では、学習進捗の確認や、チェックテストや口頭試問による定着度の確認をし、計画の見直しやアドバイスを受けることができます。また、全体のバランスをとった上で個別指導が受けられるので特定の科目に偏ることもありません。コーチングとティーチングにより、生徒は高いモチベーションを維持しながら勉強を続けることができます。

受験戦略を支える情報分析

ーー強みの2つ目についても教えてください。

2つ目は大学受験の圧倒的な情報を持っているところです。冒頭でも述べましたが、大学受験の合格には学力だけでなく、正しい情報が必要です。

私たちは「AXIV Lab(アクシブラボ)」という大学受験専門の分析チームを持っています。受験で成功する確率を上げるため、東大を中心とした多くの難関大生たちと一緒に過去問分析、攻略する教材、効果的な勉強法を日々研究しています。情報分析と生徒指導を分業することでお互いの専門性を発揮することができています。

ーー膨大な情報を扱い、生徒の学習状況を管理する工夫はされていますか?

受験までの道のりを可視化する「AXIV PACER」というシステム・アプリを自社開発し、使用しています。

従来、先生の頭の中にだけあった大学受験合格までの学習計画を明確にし、目標から逆算した「何を・何の目的で・いつやるか」という情報を可視化します。システム内に過去の受験生のデータを蓄積し、そのデータに基づき、合格者の道を辿れるように指導に反映していきます。

専属トレーナーに大学生を起用する理由とは?

ーー指導をする「専属トレーナー」の特徴について教えてください。

東大を始めとする難関大生がトレーナーを務めています。社会人講師ではなく大学生を採用しているのにも理由があります。全科目のフォローをするためには社会人でなく、難関大生の力が絶対に必要だと考えているからです。また、アクシブアカデミーでは参考書や映像授業を使ってインプットを行うので、社会人の専業講師である必要がありません。

むしろ、自身の大学受験を通して様々な科目を勉強した経験や感覚をコーチングに活かすためには大学生の方が適していると考えています。また、年が近いということもあり生徒にとって憧れの存在となることもプラスの効果です。

ーーどのような基準で採用を行なっていますか?

出身の大学で基準を設けていますので、学力試験は行っておりません。その代わりにコミュニケーション能力と生徒を惹きつける力を重視して採用をしています。東大生でも不採用にすることが多いので、当塾が求める優秀な方々を専属トレーナーとして採用できている自信があります。

密なコミュニケーションで学習サポート

ーー教室の雰囲気について教えてください。

とてもアットホームな雰囲気です。というのも、生徒数も目の行き届く範囲に限定しているためコミュニケーションの量がとにかく多いのです。一般的な学習塾のように多くの生徒が集まって一斉に勉強するのではなく、講師が伴走しながら個々の目標に向かって頑張る設計をしています。

ーーお通いの生徒や通塾期間の特徴はありますか?

高校偏差値でいうと55以上の生徒が多いですがバラつきはあります。ご入塾いただくタイミングとしては高校3年生の春が一番多いです。ただ、やる気さえあればスタートの偏差値は気にしなくて大丈夫ですので安心してお問い合わせいただきたいです。

ーーアクシブアカデミーの指導に合わない生徒はいますか?

「自分の強みや弱みを客観的に分析し、自分で計画を立てた上で自学自習する習慣が身についている生徒」というのが回答になりますが、そういった生徒はなかなかいないのではないでしょうか。

ーー保護者の相談体制はどのようになっていますか?

学習の状況を都度、保護者の方にLINEを中心に使い共有しています。私たちはよくある一斉の保護者会というものを実施していません。個別にいつでもご相談いただいています。「最近朝起きるのが遅くなっていて……」や「WEB出願ってどうやりますか?」など、気軽にLINEでも相談いただいています。受験は生徒、保護者、塾のチーム戦だと考えていますので、情報共有をしながら家庭からもサポートいただいています。

ーー今後の塾の展開についてどのようにお考えですか?

私たちがこだわっている大学受験指導というのは情報が広くて深いので、自力では手に入れられない有益な情報を欲している受験生は全国にたくさんいらっしゃいます。今後も大学受験指導を突き詰めたサービス展開をしていくつもりです。

また、オンライン指導の需要があるのも分かっていますが、学習の質を向上させるには塾という環境が大切だと考えますので、積極的に教室展開も進めますのでご期待いただきたいです。

塾探しは自分を変えるきっかけ

ーーこれから塾探しをされる受験生の保護者に向けてメッセージをお願いします。

よく保護者の方から「うちの子には無理です」といった将来の可能性を否定するような発言を聞きます。しかし、今までの指導経験から、生徒たちは簡単に大人の想像を超える力を身につけ、発揮するものだと自信を持って言えます。固定観念をいったん捨てて、お子さまの背中をそっと押してあげていただきたいです。

ーー最後に、受験生に向けてのメッセージもお願いします。

人間にとって楽なことは現状維持です。一方、環境を変えるのはストレスがかかります。そんな中でも「学習環境を変えよう!」という想いで塾探しをするためにこちらのページをご覧になっているということは、今一番やる気になっている状態だとポジティブに捉えていただきたいです。

それぞれの学習塾には得意分野、不得意分野があります。ただ、どういう学習環境を選んでも自分の殻を破ることは簡単にできると信じていますのでまずは行動を起こしてください。

「自分の限界はこんなものではない」「このままでは終われない」「変わりたい」という強い想いがあれば、一度アクシブアカデミーの受験相談にお越しください。人生を変えるお手伝いをさせていただきます。

ーー本日はありがとうございました。

取材協力:アクシブアカデミー
お近くのアクシブアカデミーを探す

〈取材監修:塾シル〉
〈聞き手:延藤素康〉
塾シル』は、全国の学習塾を紹介する塾ポータルサイトです。