TOP > 働きたいママ必見!国が後押しするママ就職支援プロジェクト


働きたいママ必見!国が後押しするママ就職支援プロジェクト

働きたいママ必見!国が後押しするママの就職支援プロジェクトがある!

第1回:ママ向けのインターン制度って?!

皆さん知っていますか?

出産や育児で仕事を離れたママ達向けに、中小企業でインターンが出来る制度があるんですよ!インターン終了後は希望すれば、その企業に就職する道も開かれていて、ママ達がもう一度社会に出て働くことを応援する制度なのです。
この取り組みは国から委託された民間の人材サービス会社が運営していますが、今回はその一社であるヒューマンタッチ株式会社の近藤さんに、詳しくお話をお聞きしました。近藤さんと話していただくのは、ママスタを運営しているインタースペースの人事部に勤務する星野さんです。

仕事をしたいな、と考えているママ達にとって役立つ話がたくさんありますので、ぜひご覧ください!

〔近藤 貴子さん〕
ヒューマンタッチ株式会社 
中小企業新戦力発掘プロジェクト事務局 キャリアカウンセラー
新卒・中途採用を含む人事全般の経験が豊富。実績に裏付けられた対人支援には安心感がある。

〔星野 千枝さん〕
株式会社インタースペース 人事部
今年中学生になった女の子を持つママ。職場では人事や社員の福利厚生を担当。育休社員の復職支援も行っている。

星野:学生のインターンシップはインタースペースでも行なっているのですが、ママ向けのインターンシップというのは新しいですね!

近藤:そうですね、今までにない取り組みだと思います。

今話題の安倍首相の経済政策「アベノミクス」でもママ達をはじめとする女性の活用が重要なテーマになっていますよね。そうした働きたいと思っているママ達と、人手が欲しいと思っている中小企業とをつなぐ取り組みなんです。

様々な状況のママにご利用いただけるように、時間は一日最短4時間から、日数も週3日から可能です。

星野:なるほど、それは子育て中のママ達にとってはありがたいですね。
インターンなので、いきなり就職するのではなくまず実習生として企業で働くことになりますが、ママ達にはどういったメリットがあるのですか?

近藤:しばらく仕事をしていない状態から働き始める場合、ママ達はいろんな不安を感じると思うんですよね。子育てをしながらちゃんと働くことが出来るのか、仕事の内容が自分に合っているかなど、いろいろあると思います。
インターンだと、まず期間限定の実習生として会社の中に入るので、自分の条件の範囲で働きながら、そうした不安を解消していくことができると思います。

星野:私もそうでした!
私はインターンではないですけれど、子育てで仕事を全くしていない状態から、まず二ヶ月間の期間限定のバイトを始めたんです。

年賀状印刷の会社で宛名や住所を校正する仕事だったのですが、その仕事をしながら、「まだ私はパソコンがちゃんと使えるな」とか、「子どもも意外となんとかやっていけているな」とか確認が出来て、それから本格的に就職活動を始めたんです。

近藤:それはいい体験談ですね!
働き始めると、今まで不安だったのが、今度は自信に変わっていくんですよね。
お子さんがいての就職活動は大変じゃなかったですか?

星野:当時は子どもが2歳になる前くらいで小さかったので、結構大変でした。

ハローワークに行ったらぐずり出してまともに求人票が見られなかったり、面接の日に熱を出したり。
子育てママの就職活動はそうした大変さもありますね。

近藤:通常の就職活動だと、応募する会社ごとに履歴書を書いたり面接に行ったり、かなり日数と労力がかかりますよね。
今回の取り組みでは、私たちのようなカウンセラーが、ママ達の希望条件や仕事のスキルなどをしっかり聞かせていただいて、その条件にあった企業とマッチングしていきます。
ご自分で受け入れ企業を探す必要がないので、ママ達の負担をかなり軽減できると思いますよ。

≫第2回:まず働き始めよう!その先にキャリアは築かれる

ママのインターン制度
自分にぴったりの職場復帰を叶えませんか!

〜中小企業新戦力発掘プロジェクト〜


新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ