TOP > NEWSトップ > ライフ > 初任給、20代〜30代男性の34.8%が「全て使った」


初任給、20代〜30代男性の34.8%が「全て使った」

マイナビニュース
配信 : (2017-04-18 17:45:00.0)

DeNAトラベルは4月18日、「初任給の使い道」に関する調査結果を発表した。調査期間は4月4日〜7日、有効回答は初任給をもらったことがある20歳以上の個人324人。

○初任給の使い道、「自分のため」が最多

回答者のうち、初任給をもらったときのことを「覚えている人」は77.5%。

覚えている人に対し、初任給のうちどのくらい使ったか尋ねたところ(生活費等、最低限必要なものを除く)、20代〜30代男性の8割近くが「5割以上」と回答し、「10割(全て使った)」の割合も20代〜30代男性(34.8%)が最も多かった。他方、女性は若い世代ほど「0割(全て貯金)」が増えている一方、「10割」は20代〜30代で28.9%を占め、二極化がみられた。

初任給は誰のために使ったか聞くと、全ての年代で「自分」(7割半〜8割弱)が最多となり、以下、「母親」(6割前半)、「父親」(4割弱〜5割半)と続いた。また、20代〜30代は他の人にプレゼントをあげる傾向が強いことがわかった。

初任給を「自分」に使った人に対し、何に使ったか質問すると、全年代で1位「買い物」(7割前半)、2位「ぜいたくな食事」(2割弱〜3割弱)、3位「旅行」(約1割)の順となった。

初任給を「自分以外」に使った人がプレゼントしたものは、20代〜30代、40・50代では「外食」(4割弱〜5割)が最も多く、60代以上では「現金」(約4割)が最多となった。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

【関連リンク】
目指せ! 「貯蓄1,000万円検定」がオープン
新入社員が始めるべき家計管理
新社会人に聞いた初任給の使い道、2位に「預貯金」 - 1位は?
入社前にやっておいてよかったことは? - 先輩社員に聞いた
ラック、学歴別の初任給を廃止 - 技能や経験を考慮

続きを読む

新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ