TOP > NEWSトップ > ライフ > 節分の恵方巻きだけじゃない! 初詣に取り入れたい"恵方参り"とは


節分の恵方巻きだけじゃない! 初詣に取り入れたい"恵方参り"とは

マイナビニュース
配信 : (2016-12-31 04:00:00.0)

日本には古くから八百万の神(やおよろずのかみ)と呼ばれるたくさんの神さまがおられます。太陽、月、風、土地からトイレやキッチンに至るまで、自然界に存在するあらゆるものに神が宿るという考え方です。神様は日本の年中行事とも深く結びついています。1年で最初の行事である初詣では、お正月の神様を大切にお迎えして、1年の幸せを授かりましょう。

○初詣の前に体を清めましょう

初詣は神様への新年最初のごあいさつ。たくさんの幸運が舞い込むように、元日〜3日までにお参りができると最良です。初詣の前は、しっかりとお風呂に入って湯船に漬かり、体を洗い清めた上で、新しい服や晴れ着で出掛けましょう。

○恵方参りで運気アップ! 2017年は「北北西」

恵方(えほう)という言葉を聞いたことある方も多いと思います。恵方とは、その年の「年神様」(歳徳神=としとくしんとも、お正月様とも呼ばれます)が降臨される方角のこと。幸せを授かり、災いを取り払うことができるとされる、とても縁起のいい方位です。

どの方位が恵方となるかはその年によって変わりますが、2017年の恵方は「北北西」です。自宅の中心から見て「北北西」にある場所がラッキースポットとなりますので、「北北西」の神社や寺へ出掛けて、たくさんの福徳を取り込みましょう。

また、できればしばらくその場所にとどまり、カフェなどでゆったりくつろぐと、たくさんのパワーを取り込めます。

1年で最初の大切な行事・初詣。地元の神社や氏神様のお参りとともに、恵方へのお参りをしてみるのもいいのではないでしょうか。感謝の心で、幸せな運気をつかみましょう。

※画像はイメージ

○著者プロフィール: 月香(つきか)

ハート占い1to1、ハートスクール1to1主宰。
幼い頃よりさまざま体験を通じて、目には見えない何か不思議な力が存在していることに気づく。
スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視をしながら、たくさんの方々を鑑定。人は誰でも最良の選択をすることで、幸せを引きよせることができると実感する。
スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。
モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

【関連リンク】
風水でよく言う「陰」と「陽」って結局何なの?
意外な盲点! すまい選びで絶対に注意すべき"周辺道路"のポイント3つ
"住むだけで幸せになれる街"の3条件
引っ越し後1カ月は外泊禁止!? 新居になるべく早く帰るべき理由
風水でつくる最強運の玄関 - 全ての運を左右するOK&NGポイント7つ

続きを読む

新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ