膨大なチラシ、人間関係、過去の思い出……「見えないモノ」が捨てられない30女の汚部屋

配信 : サイゾーウーマン
18/09/17 19:00

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋"を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩003-2】「捨てられない!」で溢れた30女リビング、どう整理する?(Eさん・32歳)

 前回に続き、第3回目のクライアント・東京都世田谷区の2DKに住むEさん(32歳)のお部屋です。

 これまで何度も部屋を片付けようとした、そんな面影もありました。でも、ひとりでは抱えきれないほどのモノが、2DKの部屋を埋めようと迫っています。

 整理収納が苦手な人ほど、「ドコから手を付ければ良いかわからない」「捨て方がわからない」と悩み、作業の手が止まります。

 Eさんの場合、要・不要なモノを判別して、粗大ゴミを一時保管するためのスペースが必要です。お部屋の間取りとモノの量、住む地域のゴミ出しルールにもよりますが、部屋から「モノを出す」場合、「モノを入れる」よりも手間がかかるからです。

 たとえば、押し入れに不用品を詰め込んでいるなら中身を空にする。足の踏み場もないようなら、床の面積を広げることからはじめると、楽に作業できます。



 これまでは、すべてのモノを出して<必要・不必要・保存>に分ける整理法でしたが、今回はすべての部屋でモノの量が多いため、作業の手順が少し異なります。

 まずは、リビングにある「モノの山」を崩します。書類や小物など、作業の手が止まりやすい「細かいモノ」は、ざっくりと箱や紙袋で分けておきます。

 デスク上の書類や雑貨は、使用頻度が高いモノなので、空き箱に入れてすぐ取り出せる場所に移動しておきます。

”知識欲”が高じて溜まるフリーペーパー

 1枚のフリーペーパーやカタログは、他人から見ればゴミですが、Eさんにとっては「心に残るイラストや言葉が載る大切なモノ」です。と同時に、「悩ましいモノ」でもあると胸のうちを明かしてくれました。

 知識欲を満たしてくれるモノは、手放せないパワーを持つものです。映画館や美術館、神社、イベント……”情報”が詰まった印刷物は、あちこちで無料で手に入ってしまうため、エンドレスに増え続けます。

【あ・編集中】3人目2  の画像4 とはいえ、情報には鮮度があります。

 実際には、読む時間がなく「いつか読もう」と持つだけで満足しているケースばかり。あっという間に家を支配してしまうのに、処分しにくいのが、こういった印刷物の困ったところ。なので、ジャンルでざっくりと分けておきます。

★POINT★
印刷物の整理は、持ち主しか要・不要を判別できないため、最もハードルの高い作業です。同時に際限なく増えるモノなので、部屋が整ってスッキリした最後の段階で「要・不要・保存」と、印刷物の整理に取り掛かっていただくのが良いかと思います。保存する場合も、写真などに撮ってデジタル化していくようにしましょう!



 リビングにあった2つのネストテーブルにも、モノが山積みです。ネストテーブルとは、大小2つのテーブルを入れ子式に組み合わせることができる便利な家具ですが、そう頻繁に客人を招かない暮らしでは、収納力のない、ただの箱になってしまいがちです。

 「使いにくい」と感じたら、すぐに手放すこと。

 そうしないと、「とりあえずのモノ」に囲まれ「とりあえず置く」という習慣が生まれます。いつしかそれが吹き溜まりの種となり、立派なゴミに育ちます。

テーブルの上に「モノの山」を作る癖

 Eさんには、絶妙なバランスでモノを積み上げる癖がありました。テーブルの上にモノの山を作ってしまう方は、テーブル上にトレーを置いてください。モノを置くときは、そのトレーに乗る分だけと決めること。制限の枠を決めるだけで、限度オーバーを防ぐことができます。

 テーブルやソファに転がるモノ、床に放置されたモノを撤去して床の面積が広がりました。これで、作業スペースの確保が完了です。



 センスの良い配色でコーディネートされたリビングルーム。実は、これもネットワークビジネス(副業)の投資費用だったそうで……。

 Eさんは、自宅をホームサロンにするため「家具のレンタル」を利用していました。ほかに「掃除用具のレンタル」「コーヒー器具のレンタル」なども。すでに買取済みの家具以外はすべて返却して、契約も解除しました。

 生活の中に潜む「不要なモノ」は、「見えないモノ」も含まれています。通帳口座には「使っていない契約関係」。携帯のメモリーには「過去の人間関係」……。

 不要なモノを整理することは「選択の思考」を減らすことにつながります。時間が足りない人は、「見えないモノ」の整理こそ必要なのです。

 

 次回はリビングの、生活クローゼットに眠る「コスプレ&バッグ」を断捨離!

(毎週月曜更新・次回は9月24日予定)

 

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
Instagramはこちらから

 

●連載「煩悩部屋」バックナンバーはこちら


●itomakiさん監修・収納ラベル&タグを全員プレゼント!(応募期限:2018年10月末日迄)


<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 


【関連記事】
マノロの靴、20万のエステ器具、副業の在庫……“多すぎる欲望”に埋もれた30女の汚部屋
“洋服迷子”の汚部屋30女が学ぶべきは「モノの住所」と「ラベリング」!?【全員プレゼント】
洋服は「畳まなくてOK」! ズボラでも片付く「吊るしテク」と「ラベリング収納」
キャンドゥの“アレ”は無印良品にそっくり!? 汚部屋30女のキッチン収納を400円で解決
「ランドリーラック」が実は鬼門!? 汚部屋30女の「脱衣所」が廃墟化するワケ


新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ