「プチ別居」で炎上の『あさイチ』、華丸・大吉のMC力以上に問題だった「坂下千里子のマイルール」

配信 : サイゾーウーマン
18/07/12 21:00

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「好感度上がっちゃった」坂下千里子
『あさイチ』(NHK、7月9日)

 人気番組の後釜に座る人というのは、苦労を強いられがちである。たとえ視聴率が良くても「固定ファンがいるから」と評価されず、少しでも数字が下がれば「前の方がよかった」と言われてしまう。元NHKの有働由美子アナとともに、この春『あさイチ』(NHK)のMCを卒業したイノッチことV6・井ノ原快彦、その後釜ポジションを得た博多華丸・大吉は、この試練を乗り越える必要がある。2人とも既婚者、しかもジャニーズのように“家庭の匂いを極力出さない”といった制約がないことから、“夫婦問題”に関する特集は、イノッチにはない(また独身の有働アナにもない)彼らの持ち味を生かす企画と言えるかもしれない。

 同番組は、7月9日の放送回で「プチ別居」について取り上げた。この「プチ別居」は、医師の石蔵文信氏が名付け親で、夫婦関係を良くするため、妻が1日〜1週間、夫から離れてホテルや実家に宿泊することを指すそうだ。

 番組は、実際の夫婦のプチ別居を紹介する。3人の子どもを育てる専業主婦の女性が、子育てのストレスを解消するために、8年ぶりに友達と飲みに行き、ホテルに泊まって1人で寝て、家に帰ってくる。また、2人の子どもを持つ女性が月に一度、1週間程度実家に帰る(夫の出張などに会わせて、スケジュールを組む)。これらが「プチ別居」の実例として挙げられていたが、これのどこが別居なのか理解に苦しむ。単なる外出や里帰りではないだろうか。

 Twitter上でも「お母さんが飲みに行くくらいで、別居よばわりされるなんて」という意見があふれ、「イノッチと有働さんがいれば、こんな展開にはならなかった」と、華丸・大吉が主婦の心情をわかっていないという趣旨のツイートもあった。

 しかし実際には、華丸・大吉をはじめとする出演者も「別居とは言えないのではないか?」とはっきり述べている。お母さんが飲みに出ている夜、お父さんが子どものためにチャーハンを作り、後片付けをしている姿を、ゲストの坂下千里子が「すごい」と褒めそやすと、大吉が「皿くらい洗いますよ」「(オトコは)舐められてるなと思った」と発言していたことから考えると、女性の外出を否定的に捉えているとは感じられなかった。



 ちょっとした外出や規制を「別居」ということよりも、私が大きな違和感を覚えた点は2つあった。1つめは、8年ぶりに飲みに出た女性(以下、Aさん)は、なぜこれまで夫に「飲みに行きたい」と言い出せなかったのかという点。2つめは、夫とスケジュールを調整した上で、乳児の子ども2人を連れて実家に1週間程度帰省する女性(以下、Bさん)に対し、番組側が「甘えていると思われないために」といった言葉を使った点である。実家に甘えて何がいけないのか私には理解できないし、そもそも実家に帰省するかどうかは、Bさんと夫や両親の問題であり、他人には関係ない。AさんとBさんのケースからは、女性の“内なるブレーキ”に似た何かを感じずにいられない。それはゲストの坂下からも感じることができる。

 ロンドンブーツ1号2号・田村淳の元カノで、モテ女として名を馳せた坂下だか、最近は使い勝手のいいママタレントになっている印象だ。『ノンストップ』(フジテレビ系)で「夫はカメラマン」「収入が月によって違う」と話していたことがあるが、夫がテレビの世界の裏方に属することは、ママタレとしての千里子に幅を与えている。夫が富豪ではないので、視聴者に嫉妬されないし、有名人や人気芸能人でもないため、テレビで夫の悪口を言っても夫やその関係者に迷惑をかけることもない。千里子は共感されながら、夫の不満を言える数少ないママタレなのである。

 その千里子も飲みに行くときは、「1カ月以上前に夫に言う」「一次会だけで帰ってくる」「必ず夜ご飯を作っていく」と話した後、「好感度上がっちゃう」と言っていた。本人が自覚しているかどうかは別として、千里子の中には「飲みに行くお母さんは、褒められた存在ではない」というマイルールがあるのではないだろうか。大吉は「1カ月前から言わないでもいい」という見解を示したが、結局のところ、当人自身が「こうあらねばならない」というマイルールを抱え込んでいたら、周囲が何を言っても無駄である。

 飲みに行って帰ってきたAさんの夫は、3人の子どもの面倒について「思ったより大変」とし、最後に「母は偉大なり」と結んだ。これは褒めているようだが、一種の責任転嫁ではないだろうか。母親は偉大だからなんでもできる、でも、自分は母親でないのでできないと甘える父親、そして、休んだり甘えたりすることがいけないというマイルールに縛られる母親。主婦ウケを狙った企画だったのだろうが、華丸・大吉のMCとしての力量以前に、夫婦問題の根があまりにも深いことが露呈した回だった。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの


【関連記事】
指原莉乃は、ポスト・石橋貴明? 巧妙な“ブスイジり”テクニックを読み解く
ベッキーにとって、引退したプロ野球選手が“理想の恋人”である深いワケ
松居一代、“前世からの縁”船越英一郎と夫婦破綻……それでもスピリチュアルを捨てない理由
東野幸治の「手料理する人は優しい」発言に抱く、料理と“人格”を結びつけることへの違和感
小原正子の夫婦エピソードはなぜ笑えない? “モラハラ夫”と“認められたい妻”の構図


新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ