佐野玲於、中川大志ら出演映画『虹色デイズ』、3位発進も「かなり微妙」と評されるワケ

配信 : サイゾーウーマン
18/07/11 18:55

 7月6日から公開スタートとなった映画『虹色デイズ』が、週末の国内映画ランキング(興行通信社提供)で初登場3位を獲得した。ランキング上では、健闘しているように見える同作だが、業界関係者からは「期待はずれ」といった落胆の声が聞こえてくる。

「『虹色デイズ』の原作は、漫画家・水野美波氏による同題作品で、これまでにドラマCD化、アニメ化、ゲームアプリ化なども果たしている人気作品。映画化にあたっては、GENERATIONS from EXILE TRIBE・佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星と、今をときめく若手イケメン俳優が勢揃いしている点が、公開前から話題を呼んでいました」(映画誌ライター)

 同作の内容は、主人公の羽柴夏樹(佐野)が、松永智也(中川)、直江剛(高杉)、片倉恵一(横浜)という親友たちと賑やかな高校生活を送る中、小早川杏奈(吉川愛)に恋をする……といった青春ラブストーリー。

「少女漫画原作と若手イケメンの組み合わせから、女子中高生を中心とした大ヒットが見込まれていたはず。全国317スクリーンという大規模公開だけに、1位獲得も視野に入れていたと考えられます。しかしふたを開けてみると、『スター・ウォーズ』シリーズのアナザーストーリー『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が上映2週目でも1位を守り、『カンヌ国際映画祭』でパルムドールを受賞した『万引き家族』が2位という結果になりました」(同)

 しかし、仮に1位や2位の作品がこのタイミングで上映中していなかったとしても、『虹色デイズ』が首位に輝いたかというと「かなり微妙なのでは」(同)とのこと。

「ネット上のレビューを見てみると、『若い子なら楽しめるのかもしれないけど、大人が見る映画じゃないかな』『よくある青春モノって感じ』などと、冷静なコメントが多い。もちろん、イケメン俳優陣への好意的な書き込みもみられますが、中には『イケメンが揃いすぎてて、現実感がなかった』という指摘もありました」(同)

 また、主演の佐野に関しては、演技経験の少なさからか「なぜ主演にしたのか?」と疑問の声も。

「ほかの若手俳優と比べ、佐野の演技は物足りなさを感じさせてしまったようで、『佐野くんは、周りの役者さんに助けられてる』『中川くんたちの中にいるからこそ、佐野くんもなんとかなってるのかも』などという指摘が飛び交っていました。まだまだ発展途上の役者だけに、“顔だけじゃない”という思いで演技力を磨いていってほしいものです」(芸能プロ関係者)

 いまいちパッとしないスタートを切ってしまった『虹色デイズ』だが、これから夏休みに入る学生たちを集客して、もう少し成績を伸ばすことができるだろうか。


【関連記事】
綾野剛『パンク侍、斬られて候』、初登場5位で大コケ! 「今年の映画でワースト」の声も
『花のち晴れ』脚本家が大炎上、竹内涼真主演映画『センセイ君主』がとばっちり!?
山崎賢人、東出昌大主演映画が「記録的大コケ」! 「環境ビデオ」「肉体美狙いすぎ」と酷評の嵐
「大泉洋は違った」『恋は雨上がりのように』初登場4位、「食傷気味」「気持ち悪い」の声
実写映画化『ママレード・ボーイ』はスワッピング漫画では!? トンデモ設定なのに支持されるワケ


新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

ママスタくじ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

BBSカテゴリ

このページのトップへ