連載コラム
季節の行事とマナーを知ろう

お中元 前編

お世話になっている方への感謝を伝えるお中元のご挨拶。
いつ頃送ればいいのか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お中元のマナーとして、その期限や贈る時期をまとめました。
後編では、相場や贈り方をご説明します。

◆お中元の起源
お中元は元々、「道教」の三元(上元・中元・下元)の行事のひとつです。
上元は旧暦1月15日、中元は旧暦7月15日、下元は旧暦10月15日で、道教においてはそれぞれ行事を行います。
日本古来の7月の御霊祭における贈答習慣に、送り火や迎え火などで先祖の供養を行う仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と、中元の時期がちょうど重なったことから、お中元の贈答が盛んになったようです。
現在では、お中元はお世話になった方への感謝を表すものとして行われています。
◆お中元を贈る時期
一般的には、7月上旬から7月15日までとされています。
関西では旧盆の習慣があることから、8月上旬から8月15日までとなりますが、最近は地方に関わらず、7月中旬頃までに贈るのが一般的になってきています。
お中元の時期を外した場合、7月15日以降は暑中見舞い、8月7日の立秋以降は残暑見舞いとしてお贈りしましょう。
※喪中の場合
当方または相手が喪中の場合でも、お中元を贈ることは差し支えありません。忌中(忌明け祭前)や気になる場合は、暑中見舞い、残暑見舞いとしてお贈りしてもいいでしょう。
◆お中元のお返し
お互いに贈り合うことが、お中元返しとなります。お中元返しをしない場合は、お中元を受け取ったその日のうちに、電話や礼状で感謝の気持ちを伝えましょう。

◆お中元におすすめのギフト
ギフトは相手に喜んで頂けるものをお贈りしたいもの。家族構成や年齢などを考慮して選ぶといいでしょう。
■「梅の花」詰合せ
きちんとしたご挨拶には、定番の逸品
[山本海苔店]
「梅の花」1号缶2本詰合せ
■江戸風味
老若男女みんなに愛される豆源の豆菓子
[豆源]
江戸風味(8個入)
■【2013年 料理王国 100選】金婚 大吟醸 江戸の華
[豊島屋本店]
【2013年 料理王国 100選】金婚 大吟醸 江戸の華

ママスタ☆マガジンTOP

mamastadium
提供 Interspace Co.,ltd.
QRコードでアクセス!
※ケータイにURLを送る