コンゴ、1歳児も暴行被害 ムクウェゲ氏が性暴力の悲惨さ証言

  • なんでも
  • やまだ
  • 18/10/08 10:28


コンゴ(旧ザイール)で紛争下の性暴力被害者の治療に尽力し、今年のノーベル平和賞受賞が決まった男性産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)は6日、自身が治療を担当した患者に1歳半の女児がいたことを明らかにした。
ムクウェゲ氏は「とても悲しかった。治療に携わったスタッフの多くが心的外傷(トラウマ)を抱えた」と述べ、性暴力の悲惨さを訴えるとともに解決に向けた取り組みを国際社会に求めた。
6日、コンゴ東部ブカブの病院で行ったインタビューの中で証言した。

ムクウェゲ氏は1999年に病院を設立し、民兵らに暴行された5万人以上の性暴力被害者を受け入れてきた。
1歳半の女児の治療はその中でも最悪の部類に入る体験だったと言及。

「レイプされ、性器が破壊されていた」と振り返った。手術を重ね、命は助かった。
80歳を超える女性が性的暴行されたケースもあったという。

古トピの為これ以上コメントできません

ママ達の声 投稿されたコメントを掲載しています


新しいトークテーマを作ろう

子育てや家事、旦那に関する悩み相談、
TV、芸能人に関する雑談など何でもOK!

産後カルタ

お知らせ
人気トピックランキング

もっと見る

コミュニティカテゴリ

投稿するまえにもう一度確認

ママスタコミュニティは、みんなで利用する共有の掲示板型コミュニティです。
みんなが気持ちよく利用できる場にするために、投稿前に利用ルール・禁止事項をご確認ください。

利用ルール・禁止事項を確認する